ドボ鉄014再利用されたダブルワーレントラス

  • ドボ鉄014再利用されたダブルワーレントラス
  • ドボ鉄014再利用されたダブルワーレントラス
  • ドボ鉄014再利用されたダブルワーレントラス
  • ドボ鉄014再利用されたダブルワーレントラス
  • ドボ鉄014再利用されたダブルワーレントラス
  • ドボ鉄014再利用されたダブルワーレントラス
  • ドボ鉄014再利用されたダブルワーレントラス
  • ドボ鉄014再利用されたダブルワーレントラス
 奥羽本線の北山形を起点として左沢(あてらざわ)までを結ぶ延長24.3kmのJR左沢線は、1921(大正10)年7月に北山形~羽前長崎間、同年12月に羽前長崎~寒河江(さがえ)間が開業し、翌年4月に残る寒河江~左沢間が開 […] ...

ドボ鉄011広軌改築計画と活荷重

  • ドボ鉄011広軌改築計画と活荷重
  • ドボ鉄011広軌改築計画と活荷重
  • ドボ鉄011広軌改築計画と活荷重
  • ドボ鉄011広軌改築計画と活荷重
  • ドボ鉄011広軌改築計画と活荷重
  • ドボ鉄011広軌改築計画と活荷重
 狭軌鉄道でスタートした日本の鉄道を広軌に改築すべきとする意見は明治時代の中葉からくすぶり、委員会を設置して、その是非や改築方法が検討された。しかし、計画は政変のたびに浮沈を繰り返したあげく、1919(大正8)年に中止が […] ...

ドボ鉄010鉄筋コンクリート橋梁の造形

  • ドボ鉄010鉄筋コンクリート橋梁の造形
  • ドボ鉄010鉄筋コンクリート橋梁の造形
  • ドボ鉄010鉄筋コンクリート橋梁の造形
  • ドボ鉄010鉄筋コンクリート橋梁の造形
  • ドボ鉄010鉄筋コンクリート橋梁の造形
  • ドボ鉄010鉄筋コンクリート橋梁の造形
  • ドボ鉄010鉄筋コンクリート橋梁の造形
  • ドボ鉄010鉄筋コンクリート橋梁の造形
  • ドボ鉄010鉄筋コンクリート橋梁の造形
  • ドボ鉄010鉄筋コンクリート橋梁の造形
  • ドボ鉄010鉄筋コンクリート橋梁の造形
  • ドボ鉄010鉄筋コンクリート橋梁の造形
 わが国の鉄道における鉄筋コンクリート橋梁の歴史は、1907(明治40)年に完成した山陰本線・米子~安来間の島田川暗渠にさかのぼることができる。やがて1914(大正3)年には、鉄道院によって「鉄筋混凝土橋梁設計心得」とい […] ...

ドボ鉄008多々良川のアーチ橋

  • ドボ鉄008多々良川のアーチ橋
  • ドボ鉄008多々良川のアーチ橋
  • ドボ鉄008多々良川のアーチ橋
  • ドボ鉄008多々良川のアーチ橋
  • ドボ鉄008多々良川のアーチ橋
  • ドボ鉄008多々良川のアーチ橋
 貝塚~西鉄新宮間を結ぶ延長11.0kmの西日本鉄道貝塚線の歴史は、1924(大正13)年、博多湾鉄道汽船により開業した福岡~和白間の路線にさかのぼることができる。貝塚~名島間にある名島川橋梁(河川名は「多々良川」)は、 […] ...

ドボ鉄007紀ノ川とともに

  • ドボ鉄007紀ノ川とともに
  • ドボ鉄007紀ノ川とともに
  • ドボ鉄007紀ノ川とともに
  • ドボ鉄007紀ノ川とともに
 1884(明治17)年に阪堺鉄道として呱々の声をあげた現在の南海電気鉄道は、同年12月に難波~大和川間を開業させ、1888(明治21)年に堺まで延伸した。堺以南は、その後設立された南海鉄道によって敷設され、1897(明 […] ...

ドボ鉄004淀川のトラス橋

  • ドボ鉄004淀川のトラス橋
  • ドボ鉄004淀川のトラス橋
  • ドボ鉄004淀川のトラス橋
 東海道本線は、大阪駅を間に挟んで、淀川を2回渡る。上流側(東京方)に位置する橋梁が上淀川橋梁、下流側(神戸方)に位置する橋梁が下淀川橋梁で、広々とした河川敷を眺めながら颯爽と淀川を渡ると、いよいよ大阪へ着いたという実感 […] ...

ドボ鉄003連絡船と可動橋

  • ドボ鉄003連絡船と可動橋
  • ドボ鉄003連絡船と可動橋
 船舶に鉄道車両をそのまま積んで航送する車両航送の歴史は、1911(明治44)年に山口県下関と福岡県門司を結ぶ関門航路で始まった。当時、陸上と船舶をつなぐ接続部分のレールは、陸上部から軌框(ききょう:レールとまくらぎを組 […] ...
Load More
Back To Top